ページトップへ
〒485-0037 愛知県小牧市小針2丁目123
0568-54-2199

梱包と積載について

梱包と積載について

最新鋭の温調・監視システム車を保有

当社に2011年4月に納車された最新鋭の楽器運搬専用トラックは、荷室内の温度を常に最適な状態に保つことが出来る空調設備を備えております。
木材や皮革部分など、外気条件で状態が変わりやすいパーツが多い楽器の輸送には最適な車両です。
もちろん、空調だけではなく、振動を最小限に抑えるためのエアサスや重量物を安全に積み込むためのパワーゲート、楽器固定用のラッシングレール(フック)なども装備しており、また楽器運送の専任スタッフが積み込みと運送を担当いたしますので、運送によるトラブルや調律の狂いなどが最小限に抑えられます。
(画像の車両は納車前の温調・監視システム車です)

  • photo
  • photo
  • photo

楽器の持ち方について

当社の楽器運送スタッフは全員が楽器の取り扱いに精通しております。
持ち運び時には細心の注意をはらい、それぞれの楽器ごとに最適な方法で移動いたしますので、作業員の取り扱いが原因で楽器に傷をつけたり、チューニングを狂わせたりすることはございません。

  • photo

楽器の保護について

ケースがない楽器など、運送時に他の楽器と当って傷がつく可能性のある楽器につきましては、毛布などの緩衝材で包み、保護をさせていただきます。
また、ケースに入っている楽器についても、ケースが倒れたり落下したりして衝撃が加わらないよう、荷室内でしっかり固定させていただきます。

  • photo

コントラバス、管楽器などの積み込み

左の写真は、実際に4tトラックへ楽器を積み込んだ状態の画像です。
このようにケース同士を密着させ、動かないように固定させることによって、運送に起因するトラブルを最大限抑えられるように積み込みます。

  • photo

ハープケース(レンタル可)

当社ではハープケースを自社で保有しております。
移動の際に傷つきやすく、また布やエアパッキン等で梱包しても保護しきれないハープは、専用のハードケースに入れて運搬するのが最適です。
ハープケースは当社での運搬時以外でもレンタルいたしますので、ご希望の方は当社へお問い合わせください。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

積載した荷室の一例

左の写真は、約55人編成の打楽器をトラックに積載した際の画像です。
動いたり倒れたりしやすい楽器は、楽器同士がぶつかって傷がついたり狂ったりしないよう、ベルトで荷室内壁にしっかり固定いたします。

  • photo

お問い合わせはこちらから・・・